こんばんは。

今日の昼食時に見た「へぇ~」なお話しです。

南米のペルーにある「汽船などが航行可能な湖として世界最高所」と言われる「チチカカ湖」という湖を皆さんはご存じでしょうか
(お恥ずかしながら、私は知らなかったんですが


このチチカカ湖には、ウロス島という島があるのですが、このウロス島、島と言いながら変わったもので作られた人工島なんです


普通に考えたらありえないと思ったんですが、凄いですねぇ~

葦ですよ
考えられます

トトラという葦を刈った後の根の塊をベースに、刈ったトトラを束にして重ねる事3mになると、その上にトトラで作った家等があり、そこで生活するんですって。

浸水している部分は腐りやすい為、2週間に1回はトトラを刈り、重ねる事で約15年は島として使えるそうです。

しかも、トトラは食す事も出来るとの事。
トトラがあればある程度生活が出来るって、今私たちの暮らしから考えると驚愕でしたね


宿泊施設もあるそうなので、機会があれば行ってみたいですね
皆さんも気になった方がいらしたら、ググってみて下さいね





では、また